投稿者「dandiet」のアーカイブ

肥満は病気だから専門医に相談するべき?

肥満に関する面白い記事がありました。

肥満は、甘いものの誘惑に負けたり、旺盛な食欲に我慢できなく、ついつい悪いと承知しながら食べてしまう。

そうです、「自分の意志の弱さ」が肥満を招いてしまったと思っている方が実は多いのではないかと思います。

ところがその記事での専門家は、肥満は明らかに病気なのだといっています。

その病気のもとを専門家は次のように分析していました。

「肥満」はガンや心臓病と同じように治さなければならない病気で、どうしてそんな病気になったのか専門家に尋ねるべきではないかといっています。

なぜ、私たちはそんなに太ってしまったのか? その答えはさまざまだが、専門家の意見はこうです。

・衛生習慣の向上がある。つまり、殺菌処理された飲み物や薬などの抗生物質は、カロリー吸収を助け、食欲を増進する腸内細菌を増殖させている。
つまり、食べる量は一定でも、腸内細菌の力でカロリーの吸収量が以前よりも増加する、素直に喜べない現象が衛生習慣の向上で引き起こされている。

・あなたの両親からの遺伝子によるところがある。他の人が物足りないと感じる量でも満腹感が得られる人とそうでない人がいる。特に母親から生まれる前の赤ちゃんは、胎内いる時に体重をどう規制するかの遺伝子情報を受け取ることが判明しているとのこと。

・車、椅子、ソファなど現代社会は何をするにも便利になった。昔の人は、何をするにも相当量の体力を必要としたが、現代人は様々な場所でエネルギーの節約に成功している。

・ファーストフード天国で、もしマクドナルドがなければ、私たちはもっと痩せていただろう。これはマクドナルドだけの話ではなく、すべてのファーストフードに当てはまる。

ファーストフードには、脂肪、砂糖、塩がいっぱい入っていて、アルコール、セックス、ドラッグと同じように、脳内に恍惚感とも言える刺激を生み出す効果がある。

・そして、食文化の欠如を指摘している。

肥満の原因の三分の二は、遺伝子と環境に原因がある。残りの三分の一は、心理的要因と言われている。

これは米国の食文化、もしくは食文化そのものが存在しないことに原因がある。米国は、他の先進国と比べて、食べる楽しみや食事のマナーを気にかけない。昼食を仕事机で食べたり、通勤中に朝食を済ませたりすることが日常茶飯事である。

そんな、食べることを軽視する姿勢が絶え間ない不満足状態を作り出し、肥満の問題を増幅させている。早く食べることは太ることに繋がるが、家族みんなでテーブルを囲んでする食事は肥満のリスクを減少させる。

だそうです。ダイエットの参考にしていただければと思います。

ダイエット中に食べたくなるものランキング

断食ダイエットはお勧めですよ。
どうしてもダイエット中はたべたくなる、とくに断食ダイエットとなるとなおさらのことですね。

断食ダイエットの場合は、相当覚悟してかからないと失敗してしまうことになります。

こんな調査があります。

ケーキ、チョコ、アイス……。甘いもの我慢できますか。

「今度こそダイエットしなきゃ」と思っている女性も多いのではないでしょうか。でも、ダイエットしているときって、特に甘いものや油っぽいものの誘惑に負けてしまう傾向があるんですよね。 

例えば、20代女性のダイエット中に食べたくなるものを聞いてみると。
1位 ケーキ 37.7%
2位 チョコレート 31.2%
3位 アイスクリーム 25.0%
4位 スナック菓子 24.1%
5位 唐揚げ 23.9%

女性では甘いスイーツがトップ3を占める結果になりました。1位はスイーツの代表「ケーキ」。「デコレーションもキレイなので、余計目がいってしまい食べたくなる」というコメントの通り、生クリーム、スポンジ、フルーツと、女性の大好きなものが幾重にも合わさったケーキは、視覚的にも女性の心を刺激するようですね。

一方、男性は、「焼き肉」、「ラーメン」、「とんかつ」がランクインし、女性編とは異なる結果になりました。ただ、一つだけ男女共にランクインしていたものが。それは今や専門店もできて人気の「唐揚げ」。コンビニのレジでも手軽に飼えるジューシーな鶏肉の誘惑には、ついつい負けてしまうようです。

どんなダイエットでもやるからには、ある程度の覚悟をきめて仕掛からないと猛烈な食欲との戦いが待っています。

でもやる前にきちんと覚悟を決めてから実行すれば気分的にも違います。ストレスもそんなに感じなくて済むようになります。

頑張って試してみてくださいね。

寒天を使ったダイエットに挑戦

断食ダイエットはお勧めですよ。

ですが、断食をやるということになると、やはりそれなりの覚悟と多少の勉強が必要になってきます。断食ダイエットのやり方については以下のサイトが参考になると思います。

断食ダイエット~実践方法と効果いろいろ~

断食までいかなくても、それに近いダイエット方法として、寒天を使ったダイエットがあります。寒天を使ったダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

寒天はカロリーがほとんどありませんからその原理を利用したダイエット方法ということになります。

粉寒天をお茶やコーヒーに溶かして飲む方法もありますが、カップに注いだときのお湯の温度は80度以下になっているので寒天が溶けにくくなっています。ですから、寒天を鍋で溶かしたところに濃い目に入れたお茶やコーヒーいれて飲むやり方がいいかもですね。

溶けないままだと効果が薄いそうですし、また薬のように粉のままを飲むのも体内の水分を吸収してしまって逆効果になるようです。

目安として、1gを100cc以上の水にいれ沸騰させて2分くらい煮たてて完全に溶かして使うようししたほうがいいです。

ダイエットのコツはお茶や味噌汁、ご飯を炊くときに混ぜたりと日ごろの食事に取り込むことです。1日3gくらいの摂取で効果があるといわれています。

また、冷蔵庫に固めた寒天がいつでもある状態にするのも効果的です。

私は粉寒天大匙1杯で約5gくらいでしょか、を目安になべでつくり、タッパーに移し変え、半分づつ2日に分けて食べています。
ところてん コーヒーゼリー  あんみつ  めかぶ寒天  豆乳かん 寒天キムチ 寒天スープ 紅茶ゼリー トマトゼリーなどいろいろ楽しみながらダイエットできます。

生活習慣力が大切なわけは

ダイエットの前に考えておかねばならないことがあります。体調が悪いと私たちは体のどこか悪いんじゃないかと言うことで、すぐにお医者さんに行くことになります。

お医者さんに行けば検査が始まります。バランスのとれた食事や運動を毎日してますか、睡眠は十分とれてますか、などといろいろチェックを受けることになる。

これはこれで決して悪いことではありませんが、これはお医者さんの仕事上の質問項目です。これで何か引っかかるとすぐにお薬が山のように処方されます。

しかし、考えてみて下さい。人間の健康は心のありようも大きく関係しています。生きがいをもって毎日生き生きと生活できているか、人間関係がうまくいっているか、心やお金に余裕のある生活環境で楽しく生活できているか。

こういう「生活習慣力」ともいえる普段暮らしている生活による活力は健康に大きく作用していることは十分理解できることです。しかし、お医者さんはこの分野までは踏み込みません。

健康は元気と病気のバランスです。病気を予防し減らしていくのと同時に元気を増やしていく生活習慣力の向上もあわせて考えていかねばなりません。これは冷静にご自分で判断し、改善していかなければならない事柄になると思います。

確かに緊急のときはお医者さんは大事です。それに加え、普段から自分で生活スタイルを見直し、力が出るような工夫も必要ではないでしょうか。

睡眠不足はダイエットの敵ですよ

睡眠不足が肥満の原因になるそうですが知ってましたか。寝れば寝るほど太ってしまいそうな感じがしますけどね。
だけど、睡眠不足は体内で食欲のコントロールに関連するホルモンのバランスを壊してしまい結果的に太ってしまうということのようです。

すなわち、食欲を抑える「レプチン」が減ってしまい、食欲を亢進させる「グレリン」が増えてしまうことが原因のようです。
その結果、塩気の強いもの、甘い物、炭水化物などがほしくなるため肥満につながるようです。

睡眠は長さだけでなく質も重要だそうです。昼間眠くなったり、眠気を覚えるようでしたら、睡眠不足のサインですからもう少し睡眠を
摂らなきゃダメですね。

睡眠不足から肥満になり、生活習慣病のもとにでもなれば睡眠不足を放置しておくわけにもいかないでしょうね。

日本人の4、5人に1人は睡眠障害を持っているそうですが、1960年代は日本人の睡眠時間は8時間以上だったのに対して現在は
7時間14分にまで短縮されているといわれています。

3月18日は「春の睡眠の日」、9月3日が「秋の睡眠の日」だそうです。各地で健康関連のイベントがあるかもしれませんね。

確かに自分なんかも最近は朝起きてもスッキリしない目覚めが結構ありますね。子供のころは朝起きると希望に満ちてうきうき
するような目覚めだったような記憶があります。

断食ダイエット方法/3日間の本断食のやりかた

今日は断食ダイエットについてです。

断食ダイエットといっても、断食時の食事は別として、普段の食事は腹八分目のバランスある食事をとることが大切になります。

要は偏った食生活にならないようにすることだと思います。

とかくダイエットをする人は野菜ばかりを食べる人が多くいますが、同時にたんぱく質も不足しないようとることも大事です。そうしないと肝心の筋肉が落ちてしまい、体重は減ったけど健康的ではない体型になったりしてしまいます。

野菜中心の食事は、脂肪が燃焼されたわけではありませんから、勘違いしないようにしないといけませんよね。野菜を主にしながらもしっかりとたんぱく質などを摂ってバランスの良い食事にするとともに、運動も同時にするのがいいと思います。そうすると筋肉がつき基礎代謝量も増え脂肪が燃焼しやすくなり、太りにくい健康的な体が出来上がります。

さて断食によるダイエット方法があることはご存知かと思います。断食をするわけですので、やはり基本は、普段から体調が良いということが前提条件になります。なにしろ本断食では3日間食事をしないことになりますので、それなりの覚悟をきめてから始めるということになります。

お仕事をしている方は当然日程の調整が必要になります。断食中に用事が出たり、人と会わなきゃならない、ましてや、お茶や食事をすることになるようなことは絶対避けなければならないわけですので、あらかじめいろいろなケースを想定して日程をセットすることが大切になります。

お勤めをされている方ですと普通は金曜日から始め(この日は何も飲食しないが会社には普段通り行く)日曜日までの3日間やるのが比較的無理のない方法になります。

慣れれば自宅でもできますが、断食は危険も伴いますので、最初のうちは専門家のいる道場で仲間と一緒にやった方が安心してできるでしょう。断食ダイエットについてはこちらを参考にされるといいと思います。

また、ファスティングを効率よく行う酵素ドリンクをはじめ、ダイエットで今雑誌、テレビなどで評判の案件についてご紹介します。参考にどうぞ。

腸まで届いてお腹スッキリ快調♪【ドバっと生酵素362】

お茶の効用とダイエットとの関係は?

お茶といえば茶カテキンですよね。茶カテキンといえば健康にいい成分ということになっています。ご承知の方も多いと思い思います。

でも茶カテキンはどんなことに効果があるかということになるとどうでしょうか。はっきりと答えられる人は少ないのかもね。

カテキンとはお茶に含まれるポリフェノールの一種なんですよね。お茶を飲むと渋みや苦みを感じますが、それがこの茶カテキンのせいなんです。お茶のカテキンはポリフェノールの中でもフラボノイドという種類に分類されそうです。

この茶カテキンの効果としては、ダイエットに効果のある体脂肪を減らす効果、そして殺菌効果が代表的なところです。

ダイエットに関して言えば、高濃度カテキンの方が体脂肪を減らす働きが強いことが判明しています。ペットボトルでも高濃度と普通のものが分けて売られていますがダイエット目的の人は高濃度がお勧めです。

そして、殺菌効果ですが、私たちがよく耳にするインフルエンザ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、ピロリ菌やO157など多くの有害な菌に対してカテキンは殺菌力を発揮します。

またカテキンは虫歯菌にも効果があります。虫歯菌の繁殖を阻止し、プラークの形成を防いでくれます。食後にお茶を飲むことは口内の環境を整えてくれるのです。

これはありがたいことですね。

そんなことから、たとえば腸内の有害な菌を撃退するためお茶でうがいをしたり、食後にお茶を飲むことは理に適っていると言えますね。ただ食事中や食後のお茶はあまり飲みすぎると胃液を薄めてしまい消化には悪いということも言われていますからほどほどがいいでしょう。

てなことで、ダイエット的には、体脂肪、中性脂肪、皮下脂肪が気になる人は積極的にお茶を飲むようにしましょう。

副交感神経が優位になればからだのトラブルは避けられる

皆さんは副交感神経ってのご存知でしょうか。

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っていますが、副交感神経は昼間の活動での疲労やダメージを受けた体をリラックスさせ、夜間の睡眠で休息させ疲労やダメージを修復してくれる働きをしてくれます。

昼間は活動しているので不安・恐怖・怒りなどストレスを感じる機会も多く、交感神経がはたらく時間帯になります。これはある程度緊張し、即行動に出られる体制をつくっているわけですから必要なことですよね。

一方、副交感神経が優位になることは、その反対の状態を言うわけで、実はこの状態にすることは腸の働きを正常にし活発にすることがわかっています。

緊張が和らぐと血管が広がるので血液の循環が良くなり、栄養・酸素・体温が体のすみずみに運ばれますし、老廃物や疲労物質などの不要なものも、スムーズに排出されるようになります。

すなわち、内臓のはたらきが活発になって新陳代謝がすすみ、からだの修復や疲労の回復がおこなわれるというわけです。

こういう副交感神経が優位になり内臓器官にもいい状態にするには、たとえばぬるめのお風呂にゆっくり入ることやスローテンポの音楽を聴くことなどがあります。また、ウォーキングもいいんですよ。

都会であればウィンドショッピングをしたり、地方の方であればきれいなお庭を見ながら散歩する。これによって血液循環が良くなり、新陳代謝を促進させることになります。

1日30分程度のウォーキングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ケーキやおまんじゅうをダイエット中に賢く食べる方法

今日はケーキやおまんじゅうを上手に選んで太らない食べ方研究です。?

ご家庭によっては、なにかにつけてお茶のみをしたり、またお友達とお茶する機会が多かったりという方もいらっしゃると思います。そのたびにケーキやお菓子、甘い和菓子などをいただくことも多いはず。

若い方もきっとカフェなどでティータイムがあったり、ちょっとした集まりがあり、いただく機会が多いと思います。でもやっぱりダイエットを考えれば控えたい食べ物ということになりますよね。

人間食べるのが欲の中でも一番強いといわれています。

そうですよね。死ぬまで食べたり飲んだりすることになります。また、楽しみでもあります。

でも、同じ甘いものでも、食べ方を知っているのと、ただ好きだから何でも食べてしまうというのは、結果はダイエット的に見るとちょっと違ってくるんじゃないかと思います。

例えば、ケーキにしてみても、材料は、大きく3つに分類できるようです。
①たまごや乳製品などのたんぱく質の多い食材、
②バターや生クリームなど脂質の多い食材、
③砂糖や小麦粉などの炭水化物の多い食材となります。

栄養学的に見ると、それぞれの1グラムあたりのカロリーは、たんぱく質が4キロカロリー、脂質が9キロカロリー、炭水化物が4キロカロリーになるそうです。

したがって、材料のうち、脂質(脂肪分)の多いケーキを選ぶと、同じ量でも高カロリーになりやすいということになります。炭水化物とたんぱく質はおおよそ同じカロリーとなるわけです。

ケーキでいうとこういう感じになりますが、そのほかの甘いお菓子や、食事にしてもちょっと一歩掘り下げて工夫して食べるようにすれば随分違ってくるでしょうね。

ちょっと立ち止まって見てみる習慣をつけるといいかもですよ。

人付き合いが面倒なときは要注意

今日は厄介なうつの対策について少々。

誰しも、疲れていて「人付き合いなんて面倒くさい」と感じることはあると思います。こんな時こそまずは運動です。運動には抗うつ剤と同じような作用があると言われています。不安感が軽減でき、社交的な能力を高め、シャイな気持ちを抑え、ネガティブな作用を抑えてくれるといいます。

効果を得るのには、ハードな運動は必要ありません。腕立て伏せや、軽いウォーキング程度でいいみたいです。これには、ある化学物質が関係しているようです。

運動することによりエンドルフィンと呼ばれる神経伝達物質が生成され幸福感を向上させるといいます。

運動によりエンドルフィンの生成を刺激しますが、研究によると重いウェイトトレーニングや全力疾走、または無酸素系の激しい運動のときに生成されることがわかっていて、軽い運動ではそれほど多くエンドルフィンは得られないと言われています。

少々残念な研究結果ですが、そうであったとしても、運動は有効で、脳を社交的なモードにさせつつ、健康増進にもつながる「一石二鳥」な手段として一定のメリットがあるようです。

このほか、「おまじない」や「呪文」のように、自分の考え方を変えるための言葉を復唱するというものも使えそうです。催眠には興味がある方も多いと思います。暗示を利用します。暗示とか瞑想の類は、まだまだ一般に認知されているとは言い難いと思いますが、使い方のよっては十分効果が期待できると思います。

やり方は極めてシンプルで、いくつかのワードを唱えるだけです。それぞれのワードにはそれほど意味はありませんが、ひとまとめにすることで、今の考え方を変えるほどのパワーになり得ます。

かって長島選手はいつもホームランを打つイメージとキーワードを唱えていたという話を聞いたことがあります。例えば、笑う、楽しむ、見る、一緒に、行く、いい、自由な、輝く、などポジティブさを連想させる言葉を発することです。これとイメージを組み合わせれば社交的なマインドセットに役立つかもです。

「バカバカしい」と思う人もいるかもしれませんが、大して時間はかからないし、ただでできますので、暗示の効果を試してみるのもいいのではないでしょうか。