お茶の効用とダイエットとの関係は?

お茶といえば茶カテキンですよね。茶カテキンといえば健康にいい成分ということになっています。ご承知の方も多いと思い思います。

でも茶カテキンはどんなことに効果があるかということになるとどうでしょうか。はっきりと答えられる人は少ないのかもね。

カテキンとはお茶に含まれるポリフェノールの一種なんですよね。お茶を飲むと渋みや苦みを感じますが、それがこの茶カテキンのせいなんです。お茶のカテキンはポリフェノールの中でもフラボノイドという種類に分類されそうです。

この茶カテキンの効果としては、ダイエットに効果のある体脂肪を減らす効果、そして殺菌効果が代表的なところです。

ダイエットに関して言えば、高濃度カテキンの方が体脂肪を減らす働きが強いことが判明しています。ペットボトルでも高濃度と普通のものが分けて売られていますがダイエット目的の人は高濃度がお勧めです。

そして、殺菌効果ですが、私たちがよく耳にするインフルエンザ菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、ピロリ菌やO157など多くの有害な菌に対してカテキンは殺菌力を発揮します。

またカテキンは虫歯菌にも効果があります。虫歯菌の繁殖を阻止し、プラークの形成を防いでくれます。食後にお茶を飲むことは口内の環境を整えてくれるのです。

これはありがたいことですね。

そんなことから、たとえば腸内の有害な菌を撃退するためお茶でうがいをしたり、食後にお茶を飲むことは理に適っていると言えますね。ただ食事中や食後のお茶はあまり飲みすぎると胃液を薄めてしまい消化には悪いということも言われていますからほどほどがいいでしょう。

てなことで、ダイエット的には、体脂肪、中性脂肪、皮下脂肪が気になる人は積極的にお茶を飲むようにしましょう。